会社概要

所在地 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉193-111
Tel :0267-44-6080 Fax :0267-44-6090
資本金 1,000万円
代表取締役 大内一之(おおうちかずゆき)
営業分野 ①船舶・海洋・エネルギーに関する機器・装置・システムの発案・企画・設計
②上記に関する研究開発支援・コンサルティング
③海洋利用に関する啓蒙活動
④上記に付帯する一切の業務
設立時期 2000年7月7日
主要関係先 東京大学、佐賀大学、金沢工業大学、海洋技術安全研究所、日本海事協会、日本舶用工業会、商船三井、商船三井テクノトレード、ナカシマプロペラ、西日本流体技研、三井造船昭島研究所、流体テクノ、マリノフォーラム21、ゼネシス、みらいえね企画、スマートデザイン、ACT 、IHI、ジャパンマリンユナイテッド、大島造船所、三菱造船、日本サルベージ

代表取締役 大内一之 略歴

1947年 岩手県奥州市生まれ
1966年 東京都立西高等学校卒業
1970年 東京大学工学部船舶工学科卒業
1971年 大阪商船三井船舶㈱入社(船舶及び海洋機器の設計・開発に従事)
1985年 三井物産㈱ガス部出向(NWS西豪州LNG輸送プロジェクトに従事)
1990年 日本造船学会賞(プロペラ省エネ装置PBCFの発明)
1991年 運輸大臣表彰(プロペラ省エネ装置PBCFの発明)
1994年 工学博士号取得(東京大学)
1994年 日本太陽エネルギー学会賞(ソーラー・J・ボックスの開発)
1996年 ナカシマプロペラ㈱出向(プロペラ及び海洋環境機器の開発に従事)
2000年 ㈱商船三井退社、㈱大内海洋コンサルタント設立、代表取締役就任
2001年 (社)マリノフォーラム21幹事会員(海洋肥沃化装置「拓海」の開発に従事)
2004年 日本造船学会賞(海洋肥沃化装置「拓海」の開発)
2008年 東京大学大学院工学系研究科特任教授
2012年 東京大学大学院新領域創成科学研究科特任研究員(ウィンドチャレンジャー計画代表)
2017年 ㈱商船三井技術開発顧問、東京大学客員共同研究員
2018年 金沢工業大学客員教授
2018年 海洋深層水利用学会賞(「拓海」の開発及び海洋深層水複合利用研究)

所属学協会

  • 日本船舶海洋工学会
  • 日本マリンエンジニアリング学会
  • 日本航海学会
  • 日本機械学会
  • 日本海洋学会
  • 海洋深層水利用学会
  • 日本水産工学会
  • 日本太陽エネルギー学会
  • 日本沿岸域学会
  • International Wind Ship Association (UK)